通信費がもう少し安くなれば

NTT東日本のフレッツ光+OCNをプロバイダーで利用しています。

昨年ドコモ光に変更しましたが、ひかり電話とアプリケーションサービスはそのままNTTさんへ残しています。なんだか色々サービスが増えてきて最近よくわからなくなってきてしまっていますが、それでもまた最初から設定をとかが面倒な為にもうこのまま変更するつもりもありません。

でもやっぱり料金的な面では、家庭の中で一番割合を占めるのが通信料なので
もう少し費用的な意味で減らしていきたいなとは常に思ってはいます。

通信速度も今は200Mですが、実際の速度を計測してもそこまでの速度は出ていません。
無線LANでの利用もいけないとは思うのですが、でもこのくらいサクサク動けばまず問題ないかなとその上の速度に切り替えもする予定は今のところありません。

切り替えには工事料金も今は無料ではない様ですし、一度解約してもう一度入れなおすには違約金なども関わってくるのでこのままでいいかなと思っています。

NTTに加入していて良かったのは、リモートサポートサービスが何度利用しても月額500円という所。

家ではパソコンが富士通なんですが、他のメーカーなどについても同じ様なサービスがだいたい一回につき、2000円以上の費用が掛かる様です。

うちはパソコン関係に強い人間がいない家庭なので、本当にこのサービスは助かります。
NTTの場合、故障だったり、サポートサービスなど係がきちんと分かれていて、なおかつ専門的に詳しい方が各窓口に多くいらっしゃって困ったことをその場で解決出来てしまいます。

本当にひとつだけデメリットなのは料金が高い事だけでしょうか。

AU光のメリットについて

こんにちは、私は、AUの光回線を利用しています。なぜAU光にしたかというと、AUスマートバリューなどが使用でき、回線も安定しているからです。

料金もケータイとまとめて請求すればそれほど高くなく、13000円程度でスマホとAUの光回線を使うことができます。また、IPアドレスがある程度固定できるため、自宅サーバーを建てる上で非常に役に立っています。

やはり、IPアドレスを固定できるメリットははっきり言ってでかいです。たまにIPアドレスが変更されることもあっても、ヤフーBBみたいに一週間に一回とか変わることはないみたいです。AU光のIPアドレスの変更は一ヶ月に一回あるかないかと思われます。なので、自宅でNASや自宅サーバーを建てたいひとには便利です。

但し、リナックス等でサーバを建てる場合には、ある程度知識が必要ですが、一度グーグルなどで検索して、手順を覚えておくと便利ですよ。ケータイから最大3TBのデータにアクセス出来るメリットは意外とでかいと思います。

デメリットとしては、IPアドレスが固定されてしまうため、IPアドレスから個人が特定されやすいため注意が必要です。

また、光回線の速度としては、100MbpsのLANで組んでいるため実際の速度はわかりませんが、下り上りともに計測したら40Mbps程度でした。

まぁ不自由は感じてません。自宅サーバさえ組んでしまえば動画もスマホの容量を気にしないで見ることができます。ただし、帯域制限には注意が必要です。

私の田舎にもメガエッグが開通!

私が住んでいるド田舎にもやっと光ケーブルが開通しました。それまではADSLでさえ回線がきておらず、インターネットが可能なのは電波を使うWiMAXのみでした。

しかしこのWiMAX、通信に制限が掛かるわ、天候によっては不安定になるわでストレスがMAXです。さっそく光通信の申し込みをしました。プロバイダーは電力会社系のメガエッグです。

開通には、電柱の使用許可が必要とかで、しばらく待って欲しいとのこと。WiMAXの2年縛りがあったので、のんびり待つことにしました。やがて工事日の連絡が入り、光ファイバーの引き込みです。

我が家ではエアコンのダクトから室内に入れました。業者の人が回線のテストを終えて、工事は完了。開通の手続きもすぐに終わり、お気に入りのサイトを開いてみます。あたり前ですが、速い。ぜんぜん速さが違います。特に写真が多いサイトではっきり体感できます。

しばらく遊んでから、メガエッグのホームに飛んで、簡単メール設定ツールでメールを設定、セキュリティソフト(マカフィーとウイルスバスターのどちらか一方)を選んで終了です。私はファミリーコースなので、メールアドレスは5個まで作る事ができます。

割引キャンペーンがあり、2年間は4500円なので助かります。そのほかには光電話、テレビ、シアター、モバイル、グレードアップ版のギガ王(最大1ギガ)と何でもアリです。本当に良いプロバイダーさんに来てもらって感謝しています。

光回線のプロバイダー選びに迷ったら。

スマートフォンやタブレットが普及してはいますが、社内や家庭でも光回線はまだまだ需要があります。NTTが提供する「フレッツ光」は、NTT回線を持っていれば加入できますし、お馴染みの光回線ではないでしょうか。ただ他社よりも割高なイメージがあります。

引っ越してきたばかりで、まだNTTの固定電話がない、もしくは携帯だけで十分な一人暮らし学生などの場合、例えばauの携帯電話を持っていたら、「auひかり」の光回線を利用してみてはいかがでしょうか。

携帯電話と合わせて割引サービスが受けられたり、ポイントをまとめてもらえたりするので、お得感があります。家族全員がauの携帯を利用していたらなおさらですね。さらに、IP電話契約もできますので、固定電話の番号が欲しい方にもおススメです。速度も2Gと十分ですし、月額5000円程度です。

またケーブルテレビも光回線を提供していますが、料金が高めの設定であることと、速度が遅いということなどで、顧客満足度は低いようです。

光回線は、一度申込をすると、そう何度もプロバイダーを変更したりするものではありませんよね。メールアドレスを頻繁に変更するのも面倒な話です。ですから、申し込みをする際には内容を吟味し、申し込むタイミングも考えた方が良いと思います。プロバイダーによってはキャッシュバックキャンペーンなどのキャンペーンを行うことも多いので、そのようなタイミングを狙うと良いでしょう。

1円でもお得に、快適なインターネット生活を始めましょう!

訪問営業のおかげでauひかりの契約者になれた

大忙しな自分は前からauひかりを契約したかったのですが、日中に家を開けていることが多いですし何より手続き関連の作業が面倒だと感じてしまっていてモヤモヤしていました。

しかしながら、そんなことを考えていたら私は風邪を引いてしまって自宅療養することになりました。自分のためにお粥を食べながらテレビを観ていると、auひかりの営業マンが訪問してきました。

体調が悪い状態でも訪問者には最大限のもてなしを行わなければならないと考えましたから、インターホンが鳴ってからすぐに出ることになりました。そうすると、営業マンは単刀直入にauひかりを契約しないかと言ってきました。

その瞬間に私が感じたことは、風邪を引いて良かったということでした。auひかりを自分のほうからインターネットなどで契約する気力も起こらなかったので、営業マンの登場によって私の願いが叶いそうになりました。

しかしながら、私はauひかりの仕組みについてよくわかりませんでした。その場で営業マンに説明を求めていると、ますます私はauひかりを契約するべきという気持ちになりました。

それからは営業マンに促されるままに氏名や住所などを申込用紙に記入することによって、auひかりを契約することができました。それからしばらくすると、工事のためにauひかりに関係がある業者が訪問してきました。手際の良い作業の様子に見とれていると、あっという間に完了してしまいました。auひかりは速くて便利です。